文系大学卒が建築士になる方法

基本的に建築士には1級と2級の2種類あります。

もちろん第1段階は2級です。
2級を取得して決められた実務経験を経てやっと1級建築士の受験資格が得られます。

建築物の規模で1級と2級の違いがでてくるのですが、2級で建築可能なのは2階建ての個人住宅程度です。
大手ゼネコンで受注するビルなどは対応不可能という事ですね。
ですので、どうせなら1級建築士になった方がいずれは有利となります。

2級建築士であれば、文系だけでなく機械・化学などの工業系に限らず普通科系でも取得されている人が沢山居ます。
ハウスメーカーなどの営業マンにも2級建築士を取得している人が沢山いますよね?
全ての人が建築系とは限らないのが2級建築士です。
定時制の大学に通って取得する方も増えてますから、建築士になる方法は色々あるということです。

ですがお金の面でも時間の面でも、なかなか学校に通うことは難しいですよね。
となれば残すは実務経験しかないのですよ。

建築会社に入社して実務経験を積むことが差ほどお金を掛けずに、安定して建築士勉強ができる環境を作ることが可能というわけです。

目的は皆同じですが、それまでのルートは様々です。
建築会社に事務系で採用されたとしても、そこから現場関連の部署に携わることも可能ですから、職場の人に聞いてみるのも1つの手段かもしれませんね。

Sponsored Link

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です